注文住宅における水回りの基本とは

注文住宅には自由に設計できるメリットがありますが、自由にできるからと言っても費用の面を疎かにすることはできませんので、必ず機能性とコストとのバランスを考えていく必要があります。


注文住宅の中では、構造体を除けば建築設備に費用が多くかかりますが、特に水回りには設備機器が集中しますので、コストとのバランスを考える上では重要な部分となってきます。

水回りとは水を使用する部屋のことを言いますので、台所やトイレ、脱衣室や浴室などが該当してきます。

水回りのコストを抑えるには、できるだけ1ヵ所に集中して設けることがポイントになります。


水道には配管が必ず必要になりますので、1ヵ所に集中していればその分配管の総延長を短くすることができるのです。


また利便性の問題を考えても、近くにあった方が効率的な動線が確保できますので、注文住宅における重要な建築計画になってくるのです。

水回りの設備機器は、ユニットバスやシステムキッチンなど高価なものが多いため、高性能なものを導入することが可能ですが、同時に価格が高くなってしまうというデメリットがあります。

注文住宅ですから希望通り自由に設計したいと思うのが当然ですが、コストパフォーマンスを重視しなければ単に高いだけの住宅になり兼ねないのです。


それだけ水回りには高価な設備機器が集中しますので、故障やトラブルがあった場合のメンテナンス費用も考え、さらに寿命までのライフサイクルコストを見据えて選択する必要があるのです。

http://matome.naver.jp/topic/1LvZP
http://www.kango-net.jp/
http://www.waseda.jp/student/kosei/part-time-job/

春休みの合宿免許について興味がある方にオススメのサイトです。

西京区のリフォームに関する耳より情報です。

東京の歯周病が勢いに乗っています。



ショッピングバッグの制作の初歩を知らない方でも理解できるよう情報をまとめたサイトです。